2007年09月26日

昨日の敵は今日の友

この前の日曜日は6年生残念でした。
またひとつ野球を勉強できた気がしました。

その翌日、素敵な出会いをする事がありました。

教育の試合を応援にいった際、前日に戦った相手の小学校が
会場だったため、昨日うちが負けたチームがいました。

その子は身体能力が高く、昨日の試合でも素晴らしい活躍を
していましたが、自分が気になったのはその子の声かけでした。
チームリーダーとして全員に気を配り、励まし続ける姿は
みていて気持ちの良いものでした。

そして翌日・・・

自分が応援しているとその子がトイレに行くのに横を通りました。
「こんにちは!」
少し照れながら帽子を取り、あいさつをしてくれました。
まえに一度だけ練習を見に行って言葉を交わした事は
ありましたが覚えていたかどうかはわかりません。
そのあとうちの5年生のピッチャーに
「5年であれだけ投げれれば来年は打たれないよ。」
と声を掛けました。
それって当たり前のようでなかなかできることではないと
おもいます。自分が野球をやってきて一番嬉しい瞬間です。

未来のヒーローと握手をしてその場を離れましたが
挨拶の大切さ、素直さの大切さをあらためて教わった気がしました。

家の中でもたくさん挨拶をしましょう!
言葉をつなげるコミィニケーションが野球でも一番大事だと
いつも思います。

チームの枠を超えて野球人として一発でその子のファンになった
自分はこれから先、どこかで名前を聞くたびに
応援したいと思います。

みんなも相手から野球からいろんな所で
自分を伸ばせるチャンスがあるはずです。
その目と身体、全てで感じ取ってください。


posted by 猛牛指導者 at 07:34| 千葉 | Comment(0) | かわら版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。